vsftpにSFTP通信用のユーザー作成と接続確認

投稿者: | 2019年2月20日

SFTPはSSH通信でFTP接続をするものです。
つまり、SSHで接続可能なFTPユーザーを作成すればSFTPで接続可能になります。
FTPサーバ側の設定は特に変更する必要はありません。

まずはユーザーを作成します。

$ useradd username

続いてルートファイルを作成します。

$ vi /etc/vsftpd/vsftpd_user_conf/username
local_root=/var/ftpsecure/username
$ sudo chmod 600 /etc/vsftpd/vsftpd_user_conf/username

作成したユーザーのFTP用ディレクトリを作成します。

$ mkdir /var/ftpsecure/username
$ chown tec:ftpsecure /var/ftpsecure/username
$ chmod 770 /var/ftpsecure/username

※蒸気はvsftpdのデフォルト設定でftpディレクトリを作成しています。

vfstpdにユーザーを追加します。

$ vi /etc/vsftpd/user_list

ファイルにusernameを1行追加します。

最後にsshで接続する鍵を作成し配置します。

$ cd /home/username
$ mkdir .ssh
$ chmod 700 .ssh
$ chown username:username -R .ssh
$ cd .ssh
$ ssh-keygen -t rsa
$ mv id_rsa.pub authorized_keys
$ chmod 600 authorized_keys

これでSFTP接続用のユーザー作成が完了します。

続いて接続確認を行います。
先ほどの手順で生成された秘密鍵(id_rsa)をFTP接続するクライアントに置きます。
下記のコマンドで接続ができれば接続確認完了です。

$ sftp -oIdentityFile=~/.ssh/id_rsa sftpuser@xxx.xxx.xxx.xxx
※xxx.xxx.xxx.xxxはFTPサーバのホスト名

以上がvsftpでのSFTPユーザー作成と確認手順でした。
なお、上記の手順はAmazonLinuxで実施したものになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA