tcp dumpでpingの受信を確認

投稿者: | 2017年3月15日

まずは「tcp dump」をインストールします。
Linuxの標準にインストールされていませんがRedhat系ならyumリポジトリに入ってます。

$ yum install tcpdump -y

pingを受け取る場合は引数にicmpを付ければ受け取ることができます。

$ tcpdump icmp
  tcpdump: verbose output suppressed, use -v or -vv for full protocol decode
  listening on eth0, link-type EN10MB (Ethernet), capture size 65535 bytes
  17:20:23.005491 IP ip-10-248-40-123.ap-northeast-1.compute.internal > ip-10-248-30-12.ap-northeast-1.compute.internal: ICMP echo request, id 17712, seq 1, length 64

上記のようにICMPの通信結果が表示されればpingが受信できています。
今回、外部システムとの疎通を確認する際にサーバ側の応答を確認したかったためtcpdumpを使用しました。
tcpdumpはネットワーク通信のデータをキャプチャし出力してくれるツールです。
ping以外にもHTTPリクエスト等もキャプチャすることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA