jmeterで投げたレスポンスの結果を使用する

投稿者: | 2016年3月5日

今回もjmeterについてです。
jmeterでWEBサイトにリクエストを投げ、返ってきたレスポンスの内容を使用方法を2つ紹介します。
1.BSFListener
これはHTTPリクエストに付属させることができるリスナーです。
受け取ったレスポンスのbodyを使用して、jmeter内部の変数に値を設定することができます。
また、スクリプトを記述することができ、次のようにjavascriptで記述をします。

var body = sampleResult.responseDataAsString;
var name = "";
var resBody = JSON.parse(body);
var contens = resBody.contens;
name = contens[0].name;
vars.put("name",name);

これはレスポンスで受け取ったjsonを展開して変数に値を設定している記述です。
WebAPIはこのまま使用すれば簡単に使用することができます。
jmeter_response2
 
2.正規表現抽出
これはHTTPリクエストに付属させる後処理です。
正規表現を使用してレスポンスで受け取ったHTMLから欲しいテキストを取得します。
例えばHTMLから「token」というhidden項目を取得する場合は次のような設定となります。
正規表現:

<input type="hidden" name="token" value="(.*)" />

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA